国/県の制度 市・町の制度 教育

【教育、その他、様々な状況】

障問連事務局

■障害者差別解消法の改正法案が3月9日に閣議決定され国会に上程されました。民間事業者の合理的配慮の義務化が盛り込まれています。4月3日開催の障害者春闘の時点ではまだ審議されていませんが、改正内容~課題など尾上さんからお話しされます。ぜひご参加ください。

 

■岡山の問題~医療的ケア児童に差別的な対応

岡山市の小学校で医療的ケア児童に対し5年間保護者の付き添いが強制される等の差別的な状況が続いています。岡山市の医療的ケア実施要綱には、「看護師がいないときや緊急時に保護者が行う」ことが記載され、また来年度の修学旅行では、リフト付きバスによる差額費用を保護者に負担するように岡山市教委が求めています。この問題に対し船後参議院議員が3月22日に参議院文教委員会で文科大臣に質問し、限界があるが「付き添いの強制は問題である」等の答弁が引き出されました。

 

■大阪府で通学支援についての制度が実現の見込み   2021年度予算額6300万円

大阪府下では枚方市など一部の自治体で通学支援制度がありましたが、今回、大阪府としての制度が実施の見込みです。内容は「市町村教育委員会が小中学校の通学支援制度を作れば、その経費の半額を府教育庁が補助する」もの。画期的です。兵庫県でも地域で共に学べる環境整備に向けた要求を行っていきたいと思います。

« »