優生思想

優生思想 障害者春闘

【報告】 障害者春闘2018 私たちの声を聞いて!! 相模原事件から20ヶ月

野崎泰伸(障問連事務局)   3月31日、13時半から神戸市勤労会館にて「障害者春闘2018 私たちの声を聞いて!! 相模原事件から20ヶ月」を開催いたしました。参加者はざっと見たところ70~80名ほどでした。・・・

つづきを読む

優生思想

【報告】 旧優生保護法の下での強制不妊手術に対する国賠訴訟

障問連事務局宮城県の女性が仙台地裁に提訴して以降、同問題はマスコミでも連日取り上げられ、状況も動いています。神戸新聞記者やNHK、毎日新聞から障問連にも取材がこの間続いていました。 3月28日には仙台地裁で第1回口頭弁論・・・

つづきを読む

優生思想

【優生思想】 優生手術の国賠訴訟と兵庫県における優生手術

野崎泰伸(障問連事務局) ◎戦後日本の優生手術 すでに新聞報道などでご承知の通り、宮城県の障害のある女性が、過去に同意のない優生手術を受けさせられたとして、1月30日に国を相手取り賠償責任を求めて提訴されました。 優生手・・・

つづきを読む

優生思想

【優生思想】 県立こども病院移転記念誌問題

野崎泰伸(障問連事務局)   兵庫県立こども病院の移転記念誌に、1960年代から行われた兵庫県の「不幸な子どもの生まれない運動」を称賛するような文章がホームページ上で掲載されました。このことに関し、障問連からも・・・

つづきを読む

優生思想

【優生思想】 県立こども病院記念誌で「不幸な子供の生まれない運動」賞賛

障問連事務局  2016年3月、兵庫県立こども病院が須磨区からポートアイランドに移転することを記念する冊子が編まれました。そのなかで、名誉院長である小川恭一氏が次のように述べていました。   「当時の・・・

つづきを読む

優生思想 精神障害者

【優生思想/精神障害】 相模原事件から1年

野崎泰伸(障問連事務局)  ◇報道を中心に この7月26日で、「津久井やまゆり園」で起きた障害者連続殺傷事件から1年になります。この間の報道を見ていきますと、当初の1ヶ月は、識者の意見も交えつつ、障害者の尊厳を・・・

つづきを読む

優生思想

【報告】 DPI日本会議総会&全国集会in京都開催報告

藤原 久美子(自立生活センター神戸Beすけっと)   DPI日本会議の総会&全国集会が、6月3日(土)・4日(日)にルビノ京都堀川で開催された。 「誰も取り残さないインクルーシブな社会に!」という大会テーマは、・・・

つづきを読む

優生思想

【報告/行政への要望】 5/19相模原事件にかかわり神戸市に要望書を提出

「障害者施設を襲撃する」との陰湿な脅迫メールが神戸市ホームページに、3月中旬に届けられた事に関し、障問連として検討し、以下の要望書を5月19日に提出し、石橋事務局長と野橋事務局次長が障害福祉課長と話し合いましたので、要望・・・

つづきを読む

優生思想 精神障害者

【精神障害】 精神保健福祉法「改正」の動きと問題点

障問連事務局 相模原事件を受ける形で、政府は2/28に精神保健福祉法「改正」案を閣議決定、当事者たちの反対運動にもかかわらず、5/17に一部修正のうえ参議院で可決されてしまいました。 障問連としても今後の衆議院通過に反対・・・

つづきを読む

優生思想 国/県の制度 精神障害者

【精神障害】 精神保健福祉法の「改正」がなされようとしています

野崎泰伸(障問連事務局)   まずは、以下の新聞記事をご覧ください。神奈川の地方版です。   ■相模原の障害者施設殺傷 市長が厚労省に理解 事件受けた法改正 /神奈川 毎日新聞2017年4月26日 地・・・

つづきを読む

1 2 3 4 5 >