教育

国/県の制度 市・町の制度 教育

【教育、その他、様々な状況】

障問連事務局 ■障害者差別解消法の改正法案が3月9日に閣議決定され国会に上程されました。民間事業者の合理的配慮の義務化が盛り込まれています。4月3日開催の障害者春闘の時点ではまだ審議されていませんが、改正内容~課題など尾・・・

つづきを読む

教育

【追悼】 平本歩さんが残してくれたもの

障問連事務局先月に引き続き、平本歩さんが私たちに残してくれたものを振り返りたいと思います。 下記は、神戸新聞の記事です。『バクバクっ子の在宅記』(現代書館)は歩さん自身の著書、『バクバクっ子、街を行く』(本の種出版)は歩・・・

つづきを読む

教育

【教育】 特別支援学校の教室不足問題、さらなる分離への逆行

障問連事務局   8月24日付朝日新聞の1面に「特別支援学校開校相次ぐ」というタイトルの記事が大きく出ました。特別支援学校に通う児童生徒が、ここ10年で2割(2万7千人、そのうち9割は知的障害児)増えたのがその・・・

つづきを読む

事務局より 介護保障 国/県の制度 市・町の制度 教育

【報告】 事務局より~新型コロナ関係~知事発言~審議会等~教育

障問連事務局   ■新型コロナウィルスの全般状況と加盟団体等への聞き取り 今ニュースを編集している7月30日、東京都で過去最多の367人の感染が速報として報道、7月以降この数週間、昨日には大阪府で過去最多の15・・・

つづきを読む

教育

編集後記

6/25、名古屋地裁で、「2013年8月以降の生活保護費の引き下げは憲法25条の生存権などに反する」とした裁判に関する判決が出ました。「国民感情や国の財政事情を踏まえたもの」であるとし、原告の主張は採用することができない・・・

つづきを読む

教育

【教育】 川崎就学訴訟判決の最大の過ちについて

本年3月18日、神奈川県川崎市に住む小学2年生の光菅和希くんとその両親とが、地域の小学校へ通学することを早期に認めるよう訴えている川崎就学裁判の判決が下されました。判決は、「原告らの各請求をいずれも棄却する」というもので・・・

つづきを読む

教育

【報告と抗議】 地域の学校で学びたいとのK君親子の希望を踏みにじり、教育委員会の決定を追認し、インクルーシブ教育に何の認識も示さない横浜地裁判決に強く抗議する!!

障問連事務局 相模原事件の判決から2日後、同じ横浜地裁で、重度障害を理由に希望する地元の川崎市立小学校への通学を認めず、県立特別支援学校を就学先に指定したのは差別に当たり違法だとして、人工呼吸器を付けて暮らす光菅和希君(・・・

つづきを読む

教育 新聞記事から

【報道】 教育をめぐる状況

障問連事務局兵庫県内の川西市で特別支援学校が新しく建設されるとのことです。建設はもう止められないのでしょうが、今後の県の動きは注目していく必要があります。「児童生徒数が年々増えて19年度は323人に達し」とありますが、兵・・・

つづきを読む

教育

【報告:教育】 10~11月、様々な集会で権田君の事をアピールしました

凪裕之(障問連事務局次長)  11月15日、神戸市議の仲介で、神戸市教育委員会と権田君の両親、障問連2名で会いました。今年の楠高校の発表の時に警察導入をした問題、楠高校校長の事前訪問や発表後の差別的な発言などをめぐって、・・・

つづきを読む

教育

【報告】 7/15 「障害児が高校でも共に学ぶ教育を実現しよう」 集会報告

障問連事務局   7月15日、神戸市障害者福祉センターにおいて表記の集会が開催されました。ゲストに竹迫和子さん(障害児を普通学校へ全国連絡会/運営委員)をお招きし、障害児の高校進学の取り組み状況と神戸の取り組み・・・

つづきを読む

1 2 3 4 5 >