事務局より

【巻頭】 11月は代表者会議+臨時総会を開催します。ぜひご参加ください

障問連事務局

第36期を迎える「みんなでハッピーキャンプ」も各地区で開催され、今年は台風で中止ならず良かったとの報告も頂きました。障問連事務局として介護保障問題を中心に這いずりまわりながらの活動が継続しています。「神戸市ガイドライン問題」では他団体から力強い応援を受け、神戸市に対する要望の声も全国に広がりました。また介護保障問題をめぐり新たに裁判提訴の動き(紙面参照)もあり、引き続き多くの皆さんからご支援をよろしくお願いいたします。

障問連は1981年12月に結成されたため、以降、毎年12月に総会を開催してきました。しかし・・・

・11月以降、オールラウンド交渉や各種取り組みが多く毎年総会準備が厳しい事。

・12月は多くの行事・取り組みが加盟団体でも多く日程調整が困難な事。

その他、現在の運営規約では「12月の総会開催日の翌日から次の事業年度が始まる」とされ、年を跨ぎ年度の区切りとしては分かりにくく・・・

・事業年度を分かりやすく・・・毎年1/1~12/31とする。

・総会は事業年度が終了した日(12/31)の翌月内に開催する。(1月中旬~下旬のイメージ)

以上を実施する場合、規約の変更の手続きが必要になります。この間の事務局会議~拡大事務局会議での検討を踏まえ、11月の代表者会議の際に臨時総会を開催し、規約を変更したいと考えています。

以下、今後の障問連の大きな取り組みについて、お知らせします。

 

○10月11日(金)18時30分 ~ 拡大事務局会議

○11月15日(金)18時30分 ~

・臨時総会・・・・・(議案):運営規約の変更の提案と審議

・代表者会議・・・・今年度活動の振り返り反省と来年度の活動方針(通常総会議案の検討)

○11月12日(火)兵庫県とのオールラウンド交渉 (兵庫県民会館)

○12月6日(金)18時~ 「介護保障の集会」(神戸市勤労会館)

→ ゲストに藤岡毅弁護士が来られます。多くの皆さんのご参加をお願いします!!

«