お詫びと訂正

前号ニュースで三田市の監禁事件について、監禁された男性を「精神障害者」と断定した記事を掲載しました。しかし、「リメンバー7.26神戸アクション」呼びかけ人の吉田明彦氏から以下のようなご指摘を受けました。

・4月10日県知事定例会見でも井戸知事が「平成3年に療育手帳が出されている」と述べている(県HP掲載)。

・吉田明彦さんらと県障害福祉課との交渉でも県担当者が明確に知的障害者であると答えている。

・被害男性に精神疾患があると被告は逮捕前の神戸新聞の取材に対して答えそれが報道されたが、その後、被害者を精神障害者と報じたメディアは一社もない。

 

前号ニュースで、被害男性が精神障害者であると断定して、前号ニュース掲載したことは間違いであり、訂正させていただきます。

また前号ニュース記事には「リメンバー7.26神戸アクション」「自立生活センター三田」の方々による三田市や兵庫県との交渉等の取り組みも紹介させていただきましたが、被害男性が精神障害者であることを前提にした取り組みであるかのような誤解を招いたことに対し、お詫び申し上げます。

«