優生思想

優生思想

【声明】 先端医療技術及び生命倫理に対する見解

先端医療技術及び生命倫理に対する見解 日本脳性マヒ者協会全国青い芝の会 会長 福永年久 私たち青い芝の会は、1957年結成以来、60年近く障害者差別と闘ってきました。 その中でも、1971年神奈川県で起きた母親によって障・・・

つづきを読む

優生思想

【尊厳死法案】 法制化は見送られました!

【尊厳死法案】 法制化は見送られました! 障問連事務局 2014年1月から始まっていた第186回通常国会で上程されそうだったいわゆる「尊厳死法案」ですが、下記の記事にあるよう、この国会での上程は取りやめられたそうです。集・・・

つづきを読む

優生思想

【尊厳死法案】 院内集会行われる・関連新聞記事

【尊厳死法案】 院内集会行われる・関連新聞記事 野崎泰伸(障問連事務局) 前号に引き続きということになります。去る5月22日(木)、参議院会館にて「「尊厳死」法制化を考える院内集会」が行われ、法制化に懐疑的、批判的な人た・・・

つづきを読む

優生思想

「新型出生前検査について」藤原久美子さんからの投稿

この間、ニュースでお伝えしている「血液検査により胎児の障害(ダウン症)の有無が分かる」とされる問題について、昨年秋の「日本産科婦人科学会」による公開シンポジウムの開催、そして同学会によるパブリックコメントと矢継ぎ早に事態・・・

つづきを読む

優生思想

日本産科婦人科学会が 「出生前診断-母体血を用いた出生前遺伝学的検査」に関する パブリックコメントを募集中

9月から急速に報道されている「血液検査によりダウン症が判別できる」問題について、日本産科婦人科学会として何らかの指針を決定するため、同学会主催による「出生前診断 -母体血を用いた出生前遺伝学的検査を考える‐」公開シンポジ・・・

つづきを読む

優生思想 新聞記事から

新聞記事から 日産婦公開シンポ

クローズアップ2012:新型出生前診断 公開シンポ 「命の選別」賛否交錯 ルール作り、難航も 毎日新聞 2012年11月14日 東京朝刊   妊婦の血液から高精度で胎児の染色体異常がわかる新型出生前診断について・・・

つづきを読む

優生思想

11月 優生思想の動向

障問連事務局 前号でも報告した血液検査によりダウン症かどうか、高い確率で判明する血液検査について、日本産科婦人科学会が、11月13日に下記のような公開シンポジウムが開催されます。   公益社団法人日本産科婦人科・・・

つづきを読む

優生思想

「出生前診断に対する DPI女性障害者ネットワークの意見」

「出生前診断に対する DPI女性障害者ネットワークの意見」   2012年9月24日 DPI女性障害者ネットワーク(代表者 南雲君江) 連絡先: 千代田区神田錦町3-11-8 5F DPI日本会議気付 電話03・・・

つづきを読む

優生思想

この人に聞く: 神経筋疾患ネットワーク・石地かおるさん /兵庫

毎日新聞 2012年10月31日 地方版   ◇受精卵の着床前診断に反対 「命の選別につながる」−−石地かおるさん(44)   体外受精で受精卵を子宮に戻す前に、染色体に異常がないかを調べる着床前診断・・・

つづきを読む

優生思想

<抗議声明>大谷レディスクリニックによる着床前診断に見られる生命操作に抗議する

抗議声明 誰にもある存在の価値  優生思想に基づく命の選別を許さない 大谷レディスクリニックによる着床前診断に見られる生命操作に抗議する   障害者問題を考える兵庫県連絡会議 代表 福永年久 【はじめに】 「年・・・

つづきを読む

< 1 2 3 4 5 >